白身魚の王様、ヒラメ!

hirame (3)

ヒラメは海水魚です。主な生息域としては太平洋西部の沿岸です。 よく、同じ海水魚のカレイとよく似ているといわれます。

この2つの魚の違いはカレイに比べヒラメの方が大きいことや、ヒラメの目は両目が頭の左側半分にについているのところではないでしょうか。よく『左ヒラメに右カレイ』と言われていますがこれは目の位置でヒラメとカレイを見分けるためです。 ヒラメは普段、砂の中にもぐって生活していることが多いようです。昼間、砂にもぐっていない時には砂から顔だけを出して、体を砂と同じ色にしています。一見すると砂なのかヒラメなのか見分けがつきにくくなります。

hirame (1)

しかし、夜になると活発に活動をはじめます。体のわりに小さな口で、ヒラメは幼魚の時、ミジンコのようなものを食べています。だんだん大きくなるにつれ小魚や小さい甲殻類や貝などを食べる割合が多くなります。 ヒラメという呼び名は地域によっても異なり大きさによっても違うことがあります。例えばいずれも一部地域ですが山形県では『マガレイ』、新潟県『オオガレイ』と呼ぶことがあるようです。 どの魚もそうですが、天然物は捕獲量も少なくなっています。ヒラメも同様で、高級魚としての扱いを受けています。旬は秋~春の寒い時期です。さらに大きいものほど脂ものっておいしいといわれています。最近では養殖のものも市場に出るようになりました。天然ものに比べ安値で取引されていますが、味は天然ものとそんなに変わらないともいわれています。 ヒラメの栄養素や成分はどのような感じでしょうか。ヒラメはタンパク質がバランスよく含まれています。また、養殖のものはタンパク質以外にも脂質なども多く含まれています。

hirame (2)

ヒラメの食べ方として一番おいしいのは刺身です。身の部位のよって絶妙に味わいが異なります。刺身以外にもカルパッチョやなめろうにしてもおいしくいただけますし、すしネタとしても使われています。また身の部分だけでなく『エンガワ』と呼ばれるひれの一部も食べることができます。このエンガワは身の部分に比べとても脂がのっています。さらに食感も身の部位に比べコリコリしているうえ甘みも強く、ヒラメを食べるうえで特におすすめの部位です。加熱をして食べるとするならば煮つけやムニエル、フライやソテーなど白身魚ならではの食べ方で楽しむことができます。いろいろな食べ方ができるヒラメですが、旬の時期にぜひ食べてみたい魚ですね。

カレイを食べて、一年中、健康に暮らしませんか

karei (2)

カレイは、マガレイ・マコガレイ・イシガレイ・ホシカレイなど約40ほどの種類があり、旬の時期も違うため、ほぼ一年をとおしておいしく食べることのできる魚です。多くは日本の近海で獲れます。「平成25年漁業・養殖業生産統計(農林水産業)」によると、漁獲量は北海道が全体の43.7%を占め、日本一を誇っています。

第2位が島根の7.2%であることを思えば、いかに北海道がすごいかがわかります。そして兵庫県、鳥取県と続くことを思えば、北海道から山陰にかけての日本海側で多く獲れているようです。 左ヒラメ、右カレイといわれ、右側に目のついているのがカレイですが、稚魚のときには普通の魚と同じで頭の左右にあるそうです。ところが成長するにつれて目が右側により、40日ほどすると右カレイになり、海底での生活にふさわしい状態になります。  このようなカレイですが、白身の魚であり、消化によいのはよくいわれているところです。病院食や退院後の食事で推奨されることもあります。また、「日本食品標準成分表」(マガレイの場合)によると、100グラム中にカリウムが330ミリグラムほど含まれているようです。カリウムは、生命活動の基盤ともいえる栄養素であり、ナトリウムの排出を促進して血圧を下げる作用がありますので、高血圧や脳卒中の予防にも効果が持てます。

karei (1)

しかし、カレイのすごいところはカリウムだけではありません。タウリンという成分を聞いたことがあると思いますが、実はカレイにはこのタウリンが豊富に含まれているのです。タウリンは、肝臓によいとされている成分で、肝臓から分泌される胆汁酸を増加させます。胆汁酸はコレステロールを排出する働きがありますので、血液中のコレステロールの上昇を抑制します。また、肝細胞の再生や細胞膜の安定にも効果があるとされています。このようにタウリンは肝臓の働きを助けますが、他の作用として血圧上昇の予防にも効果があります。血圧の上昇の原因の一つは、交感神経が刺激されて血管が収縮することにありますが、タウリンは交感神経に作用して血管の収縮を緩和する働きがあります。その結果、カリウムとともに高血圧による脳卒中などの予防が期待できるのです。

karei3

また、カレイには、ロイシン、リジン、チロシン、アスパラギン酸、グルタミン酸など、さまざまなアミノ酸も含まれています。アミノ酸は基礎代謝を上げる成分ですので、ダイエット効果も期待できます。年齢とともに基礎代謝は下がり続け、30代では10代の半分程度にまで下がってしまうといわれていますので、カレイによるダイエツト効果も無視できません。

このように、肝臓の働きを改善し、血圧上昇を抑え、ダイエットの期待も持てるカレイをたくさん食べて、一年中健康に暮らしませんか。

ノドグロの秘密を解明!?

nodokuro (2)

ノドグロって何だろう?そう思われる方も多いかと思いますが、ノドグロとは魚の一種です。別名アカムツという暖海性魚類で口の奥が黒いのでそう呼ばれています。生息地は太平洋西部で、日本から東南アジア、オーストラリアまでです。日本では関東より南の太平洋や新潟や九州の海に生息しています。佐渡、富山県、石川県、山陰では高級魚として扱われており、島根県浜田市ではノドグロの名で市の魚として指定されています。

ノドグロの旬は冬とも夏とも言えますが、子持ちを食べる際には7月~9月がおすすめです。ノドグロは産卵前でも脂がのっているため年中おいしい魚です。おいしい食べ方としてはお刺身、塩焼き、煮つけ、タタキ、干物、酢じめ、昆布締めなどの食べ方があります。

次に、ノドグロの栄養素についてご紹介します。ノドグロには、DHA、EPA、カリウム、カルシウムなどが豊富に含まれています。DHAはコレステロールを下げたり、脳細胞を活発にする効能があります。そのため認知症改善、記憶力アップ、ガン予防などにも効果があるとされています。EPAには、血液サラサラにしアレルギー症状の緩和、動脈硬化予防、高血圧予防、がん予防などの効果があります。カリウムには体内の塩分濃度を調節してくれる効能があり、高血圧を予防してくれる栄養素です。カルシウムは骨や歯の主成分であり、生理機能を調節する栄養素です。不足は骨粗しょう症、免疫異常、動脈硬化など様々な病気の原因になるといわれています。

nodokuro (1)

これらの栄養素がノドグロには含まれているのはうれしいことですね。しかし、ノドグロは食べたいといってすぐ、スーパーで買えるというわけでもありませんよね。値段としては、一匹3000円~4000円で販売されており、高級なお店では一匹1万円を超える値段です。そこで、家庭で購入する際には、ネットがおすすめです。生のままというのは難しいですが、開き干しなどは一匹1000円前後で買うことができます。ノドグロの健康パワーを実感したい人は、ぜひ試してみてください。本当においしいので試してみる価値ありです!いかがでしたか?今まで「ノドグロ」という言葉は耳にしたことがある人はいたかと思いますが、それが何なのか、どんな栄養があるのかなど知らなかった人も多いかと思います。今回、少しでも知ってもらえたら光栄です。なかなか世間一般に食べられていない分、味のほうもわからないと思いますので、ぜひ皆さんも自らの口で味わってみてください!

スーパーフードうなぎ

unagi (2)

うなぎには、血管や粘膜、骨、目、毛髪を強化して、肌荒れを改善したり老化を防止するコラーゲン、眼精疲労や胃の回復を助け、強い抗酸化作用による免疫力アップで癌予防も期待できるビタミンA、糖尿病や脚気を予防し、肝臓を強くすることで血行を促進し、疲労回復を助けて老化を防ぐビタミンB1、成長期の発育には欠かせないエネルギー源の代謝を手助けをして体調を整えてくれるB2、血をサラサラにして動脈硬化や肩こりを防ぎ、コレステロールを抑制するビタミンE、疲労回復に効くパントテン酸、骨を強くするカルシウム、カルシウムの吸収を助けるビタミンD、白内障の予防や目によいコンドロイチン硫酸、高血圧を抑えるオレイン酸、中性脂肪などの血管や血液の病気の予防と花粉症の症状を軽くするEPA(エイコサペンタエン酸)、脳に作用して脳細胞の成長を促したり、不眠症も改善するDHA(ドコサヘキサエン酸)、よく栄養ドリンクに含まれていて疲労回復に役立つアスパラギン酸などの栄養素が一日に摂取するべき量であったり、ほとんどの量であったりとぎっしり含まれています。またうなぎの肝には、特にビタミンA、ビタミンB2、パントテン酸が豊富に含まれていますので、うなぎを食べるときには肝吸いや肝煮も一緒に摂ることをお勧めします。

unagi (1)

唯一含まれていない栄養素がビタミンCなので、併せて野菜料理や果物で補うと栄養面でも完璧なメニューになりますね。 うなぎの栄養素に含まれる脂肪は、数値だけ見るとぎょっとするほど含まれていますし、実際焼きあがったものや蒸し上がったものを見るとかなりツヤツヤと脂が光って見えますが、魚の脂肪はコレステロールを抑制する不飽和脂肪酸なのです。こうした高い栄養価のため、体を温める効果もあり疲労回復を促す面で夏バテ予防食でもあり、うなぎが古くから滋養強壮の代名詞と呼ばれるのもうなずけます。鉄分や亜鉛、脳の成長を助けるDHAも含まれているのでお腹で成長中の赤ちゃんがいる妊婦さんが食べるのにも最適な天然のサプリメントのような食べ物です。食べれば髪の毛ツヤツヤ、頭脳明晰で認知症知らず、お肌はピカピカの美肌効果、目もよく見えて、免疫力が高くなり風邪をひかず癌にもならず、高血圧も糖尿病も脚気も予防し、肝臓が強くなって血液サラサラで血行促進して肩こり解消、元気いっぱいになれるスーパーフードのうなぎは積極的に食べると身体によい食べ物と言えるでしょう。

サーモンはアンチエイジング効果の高い魚

salmon (1)

サーモンの100gあたりのカロリーは138キロカロリー程度です。注目すべき主な成分はアミノ酸、ビタミンA,ビタミンB,ビタミンD、ビタミンE,パントテン酸、ビオチン、カリウム、鉄、亜鉛、マグネシウム、リン、アスタキサンチン、DHA,EPAなどです。 ビタミン類は身体が代謝をするのに、なくてはならない成分です。ビタミン類やビオチン、などはとくに肌には大切な成分です。美肌をたもつためには是非摂りたい栄養素であるといえます。

また、DHAやEPAはオメガ脂肪酸またはn-3系多価不飽和脂肪酸とも呼ばれる脂肪酸の一つです。これらは常温では固まりにくい脂肪酸です。なので、血液をサラサラに保ってくれる効果が期待されています。EPAはコレステロール値を下げたり、生活習慣病を予防してくれると言われています。DHAは脳の発達を促すと言われていて、母乳にも豊富に含まれている成分です。 アスタキンサンチンはカロテノイドの一種で抗酸化力がとても強いです。体内の活性化酸素の除去をしてくれる作用があります。また、ビタミンEも抗酸化力が強く、若返りのビタミンという異名すらあります。 サーモンというのはサケ類の魚全てを指します。ベニザケやギンザケ、キングサーモンなど様々な種類があり、世界中で食べられています。価格が安く、一年中手に入るのも魅力です。また、身体の大きな魚なので、切り身で購入すれば骨をあまり気にせずに食べられるというのもとても便利です。

salmon (2)

サーモンは一年中手に入るとはいえ、一番美味しく、栄養価が高いのは秋鮭です。秋鮭はとても脂が乗っていて、秋の風物詩だと感じる日本人は多いです。 サーモンの栄養をと効率良く摂取するためにまず気を付けなければならないのは、焼き過ぎないことです。過熱しすぎるとビタミン類やアスタキサンチンが失われてしまう危険性があります。生食か軽くホイル焼きで蒸したりすると良いでしょう。アスタキサンチンやビタミンEは油と一緒に摂ると吸収率が良いです。サーモンのバター焼きなどもおすすめの食べ方です。そして、焼き過ぎと同様に注意したいのが塩分の摂り過ぎです。サーモンは塩鮭の状態で売っていることも多いです。これにさらに調理の過程で調味料を足すと塩分を摂り過ぎになってしまうことです。塩分が気になる場合はジャガイモなどカリウムを多く含む食材と一緒に摂ると良いでしょう。カリウムは塩分の排出を促してくれます。 栄養豊富なサーモンですが、一日に切り身一切れ、100gくらいが適量です。

ぜひ食べて!おいしいホッケ

hoke (1)

ホッケは海水魚です。ロシア産の『縞ホッケ』と区別して国産のホッケは『真ボッケ』とも呼ばれています。ホッケ自体は日本海(北日本)オホーツク海、やロシアなどでとれる魚です。 ホッケは鮮度が落ちるのが早いので、市場に出るときには干物などの加工品として出されることが多いです。

ホッケの栄養素や成分はどのような感じでしょうか。干物に加工される際、水分が減ります。その分うまみが増すのです。そのうまみの原因がタンパク質やビタミンなどのようです。 干物に加工される際、タンパク質やビタミン類が増えます。ホッケはもともと白身魚で脂質は少なくあっさりした魚ですが、干物に加工されることでオメガ3系脂肪酸のEPA(エイコサペンタエン酸)が増えます。そのため、ホッケの開きを食べることで疲労回復や体力をつけたり、動脈硬化や高脂血症の予防や改善、骨粗しょう症の予防にも役立つ食品に変化するのです。

ホッケの食べ方として一番おいしいのはやはりホッケの開き(干物)です。炭火でもガスでも、焼いて食べることでホッケの凝縮したおいしい脂を十分に楽しむことができます。 もしも大きくて新鮮なものが手に入れば刺身でも食べられます。ただし、どうしても生魚には虫がいることも多いので生食する際は気を付けなければなりません。 また、ちょっと手間をかけてフライにすると、冷めても硬くならずお弁当のおかずにも最適です。 北海道ではホッケをすり身にしてスーパーなどで売られていますので、汁物にして食べることも多くあります。寒い時期には体が温まる汁物料理です。お吸い物のようにしてもいいですし、みそ汁に入れてもおいしいです。鍋料理の中に丸めて入れてもおいしいです。

hoke (2)

また、『ぬかホッケ』と言って、ホッケをぬかと塩で漬けたものを焼いて食べる調理法もあります。食べる直前にぬかと塩をきれいにとって焼くだけなので手軽です。北海道にある昔ながらの保存食でもあります。ホッケの開き同様ご飯のおかずにもお酒のお供にもピッタリの逸品です。 ホッケの食べ方としては刺身など生食で食べるというよりは干物で食べる方が歴史としては古いようです。特に家庭でも居酒屋などの飲食店でも人気があるホッケの開きですが、最近では国産のものがなかなか手に入らず高価なものになっています。国産のものに代わって安く市場に出ているのはロシア産が多いです。味としてはロシア産もほとんど変わりはありません。

ししゃもの栄養素|健康維持のためにししゃもを食べましょう。

sisyamo (3)

ししゃもは世界中でも日本の北海道の太平洋沿岸のみに生息している魚であり、日本固有の大変貴重な魚といえます。なかでも子持ちししゃもは味わい深く人気なのですが、店頭に並んでいるこの子持ちししゃもはその9割以上がカペリンもしくはカラフトシシャモと呼ばれる輸入品であり、いわばししゃもの代用魚とされているものです。値段はカペリンの方がかなり安いのですが、味はもちろんししゃもの方が格段に上なのは言うまでもありません。気になる栄養面ですが、ししゃもは豊富なビタミンやミネラルのほか良質のタンパク質やアミノ酸がバランスよく含まれていているのが特徴です。よく頭を残して食べる人がいますが、ししゃもの頭の部分に亜鉛、リン、鉄などのミネラルが豊富に含まれていますので、頭も残さず食べることをお勧めします。亜鉛は毎日の元気の源、鉄は貧血予防の働きがあります。

sisyamo (1)

また中でも注目したいのは脂質や糖質を分解し体の中の代謝を促す効果があるといわれるビタミンB2で、これによって元気になるエネルギー源となります。そのため体力の向上にも大きな効果があるとされています。ししゃもといえば、子持ちししゃものあのぷりぷりとした食感がなんとも言えないですよね。子持ちししゃもにたくさん含まれている卵にはコラーゲンがたくさん含まれていて、つるつるできめ細かな美肌作用がありますので、美容が気になる女性には特にお勧めといえます。ただしあまり食べ過ぎると卵に含まれているコレステロールを摂取し過ぎることになり、かえって逆効果になりますので注意しましょう。また骨ごと食べられるためカルシウムも豊富に摂取することができるのも大きな特徴です。骨粗しょう症や骨軟化症を予防するのはもちろん、カルシウムはイライラや気分の落ち込みを抑える精神安定にも効果があります。実際にうつ病などの精神疾患の改善に効果があるという報告もあるほどです。

sisyamo (2)

ししゃもにはおもに脳や神経の発達に効果のあるDHA(ドコサヘキサエン酸)や血液を良くする作用があるEPA(エイコサペンタエン酸)が豊富に含まれていて、中性脂肪や悪玉コレステロールを減少させてサラサラの血液にすることから、高血圧や動脈硬化を防ぐ働きがあります。またDHAやEPAはアルツハイマー型認知症の予防のほか花粉症やアトピー性皮膚炎などの改善にも効果があるほか、記憶力などの向上にも大きな効果があり、老化を防ぐ役割もあります。