スーパーフードうなぎ

unagi (2)

うなぎには、血管や粘膜、骨、目、毛髪を強化して、肌荒れを改善したり老化を防止するコラーゲン、眼精疲労や胃の回復を助け、強い抗酸化作用による免疫力アップで癌予防も期待できるビタミンA、糖尿病や脚気を予防し、肝臓を強くすることで血行を促進し、疲労回復を助けて老化を防ぐビタミンB1、成長期の発育には欠かせないエネルギー源の代謝を手助けをして体調を整えてくれるB2、血をサラサラにして動脈硬化や肩こりを防ぎ、コレステロールを抑制するビタミンE、疲労回復に効くパントテン酸、骨を強くするカルシウム、カルシウムの吸収を助けるビタミンD、白内障の予防や目によいコンドロイチン硫酸、高血圧を抑えるオレイン酸、中性脂肪などの血管や血液の病気の予防と花粉症の症状を軽くするEPA(エイコサペンタエン酸)、脳に作用して脳細胞の成長を促したり、不眠症も改善するDHA(ドコサヘキサエン酸)、よく栄養ドリンクに含まれていて疲労回復に役立つアスパラギン酸などの栄養素が一日に摂取するべき量であったり、ほとんどの量であったりとぎっしり含まれています。またうなぎの肝には、特にビタミンA、ビタミンB2、パントテン酸が豊富に含まれていますので、うなぎを食べるときには肝吸いや肝煮も一緒に摂ることをお勧めします。

unagi (1)

唯一含まれていない栄養素がビタミンCなので、併せて野菜料理や果物で補うと栄養面でも完璧なメニューになりますね。 うなぎの栄養素に含まれる脂肪は、数値だけ見るとぎょっとするほど含まれていますし、実際焼きあがったものや蒸し上がったものを見るとかなりツヤツヤと脂が光って見えますが、魚の脂肪はコレステロールを抑制する不飽和脂肪酸なのです。こうした高い栄養価のため、体を温める効果もあり疲労回復を促す面で夏バテ予防食でもあり、うなぎが古くから滋養強壮の代名詞と呼ばれるのもうなずけます。鉄分や亜鉛、脳の成長を助けるDHAも含まれているのでお腹で成長中の赤ちゃんがいる妊婦さんが食べるのにも最適な天然のサプリメントのような食べ物です。食べれば髪の毛ツヤツヤ、頭脳明晰で認知症知らず、お肌はピカピカの美肌効果、目もよく見えて、免疫力が高くなり風邪をひかず癌にもならず、高血圧も糖尿病も脚気も予防し、肝臓が強くなって血液サラサラで血行促進して肩こり解消、元気いっぱいになれるスーパーフードのうなぎは積極的に食べると身体によい食べ物と言えるでしょう。