ノドグロの秘密を解明!?

nodokuro (2)

ノドグロって何だろう?そう思われる方も多いかと思いますが、ノドグロとは魚の一種です。別名アカムツという暖海性魚類で口の奥が黒いのでそう呼ばれています。生息地は太平洋西部で、日本から東南アジア、オーストラリアまでです。日本では関東より南の太平洋や新潟や九州の海に生息しています。佐渡、富山県、石川県、山陰では高級魚として扱われており、島根県浜田市ではノドグロの名で市の魚として指定されています。

ノドグロの旬は冬とも夏とも言えますが、子持ちを食べる際には7月~9月がおすすめです。ノドグロは産卵前でも脂がのっているため年中おいしい魚です。おいしい食べ方としてはお刺身、塩焼き、煮つけ、タタキ、干物、酢じめ、昆布締めなどの食べ方があります。

次に、ノドグロの栄養素についてご紹介します。ノドグロには、DHA、EPA、カリウム、カルシウムなどが豊富に含まれています。DHAはコレステロールを下げたり、脳細胞を活発にする効能があります。そのため認知症改善、記憶力アップ、ガン予防などにも効果があるとされています。EPAには、血液サラサラにしアレルギー症状の緩和、動脈硬化予防、高血圧予防、がん予防などの効果があります。カリウムには体内の塩分濃度を調節してくれる効能があり、高血圧を予防してくれる栄養素です。カルシウムは骨や歯の主成分であり、生理機能を調節する栄養素です。不足は骨粗しょう症、免疫異常、動脈硬化など様々な病気の原因になるといわれています。

nodokuro (1)

これらの栄養素がノドグロには含まれているのはうれしいことですね。しかし、ノドグロは食べたいといってすぐ、スーパーで買えるというわけでもありませんよね。値段としては、一匹3000円~4000円で販売されており、高級なお店では一匹1万円を超える値段です。そこで、家庭で購入する際には、ネットがおすすめです。生のままというのは難しいですが、開き干しなどは一匹1000円前後で買うことができます。ノドグロの健康パワーを実感したい人は、ぜひ試してみてください。本当においしいので試してみる価値ありです!いかがでしたか?今まで「ノドグロ」という言葉は耳にしたことがある人はいたかと思いますが、それが何なのか、どんな栄養があるのかなど知らなかった人も多いかと思います。今回、少しでも知ってもらえたら光栄です。なかなか世間一般に食べられていない分、味のほうもわからないと思いますので、ぜひ皆さんも自らの口で味わってみてください!