白身魚の王様、ヒラメ!

hirame (3)

ヒラメは海水魚です。主な生息域としては太平洋西部の沿岸です。 よく、同じ海水魚のカレイとよく似ているといわれます。

この2つの魚の違いはカレイに比べヒラメの方が大きいことや、ヒラメの目は両目が頭の左側半分にについているのところではないでしょうか。よく『左ヒラメに右カレイ』と言われていますがこれは目の位置でヒラメとカレイを見分けるためです。 ヒラメは普段、砂の中にもぐって生活していることが多いようです。昼間、砂にもぐっていない時には砂から顔だけを出して、体を砂と同じ色にしています。一見すると砂なのかヒラメなのか見分けがつきにくくなります。

hirame (1)

しかし、夜になると活発に活動をはじめます。体のわりに小さな口で、ヒラメは幼魚の時、ミジンコのようなものを食べています。だんだん大きくなるにつれ小魚や小さい甲殻類や貝などを食べる割合が多くなります。 ヒラメという呼び名は地域によっても異なり大きさによっても違うことがあります。例えばいずれも一部地域ですが山形県では『マガレイ』、新潟県『オオガレイ』と呼ぶことがあるようです。 どの魚もそうですが、天然物は捕獲量も少なくなっています。ヒラメも同様で、高級魚としての扱いを受けています。旬は秋~春の寒い時期です。さらに大きいものほど脂ものっておいしいといわれています。最近では養殖のものも市場に出るようになりました。天然ものに比べ安値で取引されていますが、味は天然ものとそんなに変わらないともいわれています。 ヒラメの栄養素や成分はどのような感じでしょうか。ヒラメはタンパク質がバランスよく含まれています。また、養殖のものはタンパク質以外にも脂質なども多く含まれています。

hirame (2)

ヒラメの食べ方として一番おいしいのは刺身です。身の部位のよって絶妙に味わいが異なります。刺身以外にもカルパッチョやなめろうにしてもおいしくいただけますし、すしネタとしても使われています。また身の部分だけでなく『エンガワ』と呼ばれるひれの一部も食べることができます。このエンガワは身の部分に比べとても脂がのっています。さらに食感も身の部位に比べコリコリしているうえ甘みも強く、ヒラメを食べるうえで特におすすめの部位です。加熱をして食べるとするならば煮つけやムニエル、フライやソテーなど白身魚ならではの食べ方で楽しむことができます。いろいろな食べ方ができるヒラメですが、旬の時期にぜひ食べてみたい魚ですね。

PR: マンションを買い替えるなら